教育でトップになる2つの最も過小評価されているスキル

教育が生み出す雰囲気は、情報、コミュニケーション、相互作用、知識の共有と学習です。 従来の学習システムでは、生徒が学習しながら教師が教えることができます。 今日、教育は教師と生徒の両方に教えると同時に学ぶ機会です。 いくつかの教育プロジェクトのトピックに続く研究を通じて最近収集したものから、プロジェクトベースの学習と共同学習(これはオープンな学習方法です)は、学生の学業成績に積極的に貢献するため、教育を体験にする最良の方法の1つです。

この問題について上記の根拠に基づいて結論を出せば、間違いはありませんが、スキルがなければ、ほとんど達成できないことを知らせておく必要があります。 どのようなスキルについて話しているのですか?

以下は、教育のトップにあなたを導く基本的なスキルです

・コミュニケーションスキル

デウィルソン教授は、著書に人間コミュニケーションで「人はコミュニケーションできない」と書いています。 これは、あなたが人間であり、まだ存在している限り、黙っていても大声で話すことを意味します。 通信には、情報の送受信プロセスが含まれます。 それは、スキルを含むさまざまなレベルで発生する可能性があります。

スピーキングスキル

名前が示すように、話し言葉や書き言葉を含む言葉でコミュニケーションすること。 話すことを学び、歪めずに効果的にコミュニケーションするために採用します。

リスニング能力

名前が示すように、聞くことは教育のスキルであり、それを持たなければ事実上、混乱しています。 聞くことは聞くこととは異なり、聞くことはできますが心に留めることはできませんが、聞くときは集中して注意を払って行います。

非言語的言語

この形式のコミュニケーションは衝動を持って行われることが多いですが、適切に管理、使用、適用することは得意です。 教育部門では、非言語コミュニケーションは職業研究科に分類されます。

これらのコミュニケーションスキルを使用すると、期待どおりの意味と意味を持つ方法で視点を提示することができます。

・研究スキル

研究は、時間の経過とともに社会の教育の場を高めてきた最も重要な実践の1つです。 現在、研究を成功させることはスキルであり、学生が特別に教えられ、研究形式、組織、教育プロジェクトのトピックや研究資料のプレゼンテーションについて、最終年度レベルまたはそれ以前に指導されるのも不思議ではありません。

特に教育分野での研究スキルがなければ、データを活用してそれらを研究に役立つリソースに変えることが難しい場合があります。

研究を背景に投げ込むと、世界が教育セクターのどこに向かっているのか、そして何が期待されるのかを予測または予測するのが難しいため、教育にそれほど遠くまで進まない可能性があります。