次の旅行で知っておきたい12の日本の旅行フレーズ!

旅行は、外国語を学ぶ最大の動機やインスピレーションの1つです。 しかし、旅行先の言語をいつ習うのですか? 前、中、または後? いくつかのレポートにもかかわらず、人々は旅行後に言語を学ぶために刺激を受ける可能性が高いことを示しています。 答えはおそらく前にありますよね。

あなたが言語学習の最大のファンではない場合でも、念のためにいくつかのサバイバルフレーズを知りたい、または学びたいと思うでしょう。 今日では英語が非常に一般的に使用されており、英語のサービスはほとんどの観光地で利用できると主張するかもしれません。 それは本当ですが、英語が選択できない状況がまだあるかもしれません。 私の個人的な経験に基づくと、たとえば、観光以外の場所や小さな地元のレストラン(通常、最も本格的な料理が食べられる)を訪れると、英語のサービスがかなり制限されることがあります。 問題はありません。 コミュニケーションが完了するまでに時間がかかる場合がありますが、重要なフレーズをいくつか知っている場合は、それでも有利です。

最近の日本への旅行の後、私のパートナーと私はほとんどの場合英語を使うことができましたが、私たちは日本語を知っていることが私たちの旅行生活を確実に楽にしてくれたことがわかりました。 江戸時代の城下町、川越にある昔ながらのうなぎ専門店で食事をしたことがある。 英語のメニューも料理の写真もありませんでした。 これが今までで最高のうなぎであったことに注意してください。

とはいえ、次の日本への旅行の前にJLPT(日本語能力試験)のレベル3に合格する必要はありません。 実用的な単語や表現を覚えておくと便利です。

旅行者が毎日使用したり聞いたりする可能性があるいくつかの便利な日本語のフレーズをまとめました。

  1. すみません(sumimasen)—すみませんまたはすみません
「すみません」

2.〜をください(〜wo kudasai)—ください。 または【〜】お願いします。

[〜をください]の例— Eggbun Education

3.お願いします(onegaishimasu)—お願いします。

「お願いします」

4.〜をお願いします(〜wo onegaishimasu)—〜をくださいの敬語/より丁寧な形です。

[〜をお願いします]の例— Eggbun Education

***特定のケースでは、〜をお願いしますのみが使用されます。 Eggbunの詳細については、こちらをご覧ください。

5. *何名様ですか(nan mei sama desuka)—何人(人)ですか?

6. *ご注文はお決まりですか(go chuumon wa okimari desu ka?)—注文しますか?

*これらの表現はレストランで聞くことができます。

7.ごちそうさまでした(gochisousama-deshita)—(食事後に使用)「美味しかったです。」 または「食事をありがとう!」

「ごちそうさまでしたー」

8.お勘定をお願いします(okanjou wo onegaishimasu)—「請求書をいただけますか?」に相当します。 (レストランで)

「お勘定をお願いします」

9.ありがとう(ありがとう)—ありがとう。

**敬語:ありがとうございます(arigatou gozaimasu)

「ありがとうございます」

10.いくらですか?(ikura desuka)—いくらですか?

11.袋大丈夫です(fukuro daijoubu desu)—環境に優しく、ビニール袋に反対するときは、いつでもこのフレーズを使用できます。 それはあなたがバッグを必要としないことを意味します。

「大丈夫です!」 =「いいえ、ありがとうございます。」

12.〜はどこですか? (〜はどこですか?)—「〜はどこ?」

日本語が話せるようになりましたか? はい、できます。 次の旅行の前にこれらのフレーズを学び、携帯電話に保存して、リストを必要とする可能性のある友人と共有してください。

かわいいチャットボットの講師ラニーと一緒にエッグブンエデュケーションで役立つ日本語のフレーズや表現を学びましょう。