主要なIITのコラージュ(IIT-Bを見逃して申し訳ありませんが、完璧な写真が撮れませんでした)は、FDIを探しています

高等教育における100%FDI。 IITにとってそれは何ですか?

2020年から21年の予算演説で、FM Nirmala Sitharamanは、100%FDI(Foreign Direct Investment)とECB(External Commercial Borrowing)が高等教育で許可されると発表しました。 インドでの研究の質の向上に向けた良い一歩として個人的に歓迎します。 私自身、外国の大学の研究者であり、このステップが(調査され、適切に活用された場合)なぜインドでの研究にとって有益であり、特にIITにおいてもそうなるのかを説明します。

1.なぜ世界はインドに来るのですか?

インドの既存の研究資金と研究インフラに多くの権利を与えることなく、「世界はインドに来るべきだ」と私は率直に断言します。

問題はなぜですか? 答えは明白です。 私によると、インドは最高の頭脳を最低のコストで生産しています。 知的労働のコストは、米国、EU、中国、日本と比較すると安価です。 たとえば、Googleが米国の大学でリサーチアシスタントを後援している場合、費用の範囲は55,000ドルから90,000ドル(40〜65万ルピー)です[この費用には、大学院生が大学に支払う費用と彼/彼女が取得します] 。 手数料の控除後、通常、大学院生は月給1800〜3500ドルを給与として受け取ります。 この金額は州によって異なり、主に大学によって異なります。 インドの通貨では、米国の大学院生の月給は1.3〜2.1ラクフです。

ここで、インドのJRF(ジュニアリサーチフェロー)とSRF(シニアリサーチフェロー)の状態を見ると、月給としてそれぞれ31kルピーと35kルピーを得ています。 この低支払いと最小限の研究インフラストラクチャにもかかわらず、多くのラボが最高品質の研究を生み出しています。 つまり、FDIが研究室に流れ込んだ場合、同じアメリカの企業は、米国で10倍または16倍を支払う代わりに、1人あたり年間4ラックス未満(現在のレート)で作業を行うことができます。

FDIが後援する研究プロジェクトがGOIが学者に支払うのと同じレートを支払う場合、なぜ州に行く人(一般に「頭脳流出」と呼ばれる)が行くのを止めるのでしょうか? ささいな質問です。 そして、IITの海外への進出を阻止する最初のステップは、2018年からPMRF(Prime Minsters Research Fellowship)の名で導入され、最初の2年間は月額Rs.70,000 /-、Rs.75,000 /-は3年目、4年目と5年目は1か月あたり80,000ルピー。ただし、2015年以降にIIT / NIT / IISc / IISER / IIEST / CFTの学士号を取得し、CGが8.5以上である場合(筆記試験、目的の表明、面接はもちろん選択の方法でした。 しかし、残念ながらこれはうまくいきませんでした。 アメリカに行くIITの人々の量は同じままでした。 そして、2019年から制限を解除し、すべての人に開放しました。

PMRFが中央資金の大学からの人々が海外に行くのを止められなかった主な理由は、「研究室と研究室を管理する人々は同じままであった」ということです。 IITデリーのディレクターは、次のように述べています。 インフラ開発の面では、IITデリーには3,000クローネが必要であり、そのようなお金は政府の資金で賄うことはできません。 したがって、タップできる他のチャネルが必要です。」

2.計画は?

上記のように、1人あたり1年あたり4ラック未満で作業を行うことができると考える場合、もちろんそれは機能しません。 それを機能させるには、インフラストラクチャと給与に並行して投資する必要があります(人材のトレーニング、外国/インドの教職員のサバティカルは、その間忘れてはなりません!)

プロジェクトが1人あたり1か月あたり1ラークを支払う場合でも、全体のコストは1年あたり12ラーク(約17,000ドル)になります。これは、研究アシスタントを雇うために米国に投資する金額の25%から33%です。プロジェクト。 そしてこの金額、12万ルピーはIITの従業員を雇う多くの企業が支払う給与よりも大幅に高いです。 忘れてはならない重要なことの1つは、プロジェクトを監督する教授も重要なインセンティブを得る必要があるということです。 研究助手に1ラックルピーを支払っている場合は、監督者が4〜5倍の収益を上げると予想します(これが米国での仕組みです)。

次に進むと、私はこれらの7つのステップを、大学のラボでFDIを奨励するために大学が取るべき第一歩と考えています。

  1. グローバルスタンダードと比較して、大学が合理的に成果を上げているラボを特定します。
  2. それはこれらのドメインのいずれかに属しますか:防衛/航空宇宙/認定区域? いいえの場合:すばらしい。それ以外の場合は次のラボに進みます。 優先リストを作成します。
  3. コスト(セットアップとメンテナンスを含む)が記載された機器のリストを準備し、次の5〜10年のビジョンを立てます。
  4. UGの学生に研究への参加を奨励します。 これらの人々が行う作業は、主に次の研究室の労働プロファイルを形成します。
  5. コスト(給与、設備、メンテナンス)を追加し、このプロジェクトをUS / EU / ENG /中国ではなくインドで実行した場合の費用対効果を比較します。
  6. 明確なIP共有ポリシーを持っている。 また、訴訟に至る可能性が最小限である訴訟の合理的なルールを構築します。
  7. プロジェクトを提案してください! (私は助成金を書いて、それを残忍な査読を通して成し遂げることは非常に難しいことを知っています。そして、私たちも外国で助成金のために戦っています。しかし、これはそれが行われた方法だと思います。)

簡単に言えば、大学は投資家に無料の土地、特定の年の無料の電力、その他のインセンティブを提供できます

3.誰が主導権を握りますか?

MHRDがこれをリードすべきだと思います。 HRDの大臣を長とするIITの理事の委員会は、FDIを作成できる潜在的な分野、コスト効率、リターンなどについてのケーススタディを(投資機関に)提示する必要があります。 IITがこれを成し遂げるために残された、これは成功しないと思います。 私は、KGPに研究センターを設立するために配置中に提供された訪問企業が2〜3つの例を持っていますが、一定のフォローアップがなかったために設立されませんでした。 私はこれを教授のせいにしないでください。 彼らには研究、教育、追加の職務、家族、友人などがたくさんいるので、MHRDはすべてのIITが投資家のためのピッチを開発するのを助ける適切なコンサルティング会社を雇うべきだと思います。 大学の研究に投資するための免税も素晴らしいアイデアです。

4. FDIは無料で提供されますか?

もちろん違います! なぜだれかが彼らの国から同じことを切り取ることによって他の国の研究に投資するだけなのでしょうか?

高等教育へのFDIが100%であることから、評判の高い大学の外国のキャンパスがインドにやってくるでしょう。 BITのピラニがドバイにキャンパスを持っているように、CMUはカタールにキャンパスを持っています。MITインド、スタンフォードインド、CMUインド、ハーバードインドなどが存在する可能性は間違いありません。基本的に、これは主にUG教育機関で、ブランド価値を利用して裕福な学生を引き付ける。 言い換えれば、彼らは金持ちの子供たちと野心的な中産階級の子供たちから多額の料金を徴収し、IITや他の大学の研究に資金を提供するということです。 いくらかのお金は直接州から流れるかもしれませんが、私は彼らがここで稼ぐ料金からの主要な部分が疑われるでしょう。 同じような感情を抱く古いカンナダ語の言葉があります(「prandara dasaによって」):「ಕೆರೆಯನೀರನುಕೆರೆಗೆಚೆಲ್ಲಿ、ವರವಪಡೆದವರಂತೆಕಾಣಿರೊ」。 つまり、「参照してください...湖の水を湖に注ぐことによって祝福された人はどのように恵まれますか」(アルギアを提供し、恩恵を得ることによって主ハリを祈る信者の文脈で言った)。

南インドといえば、金持ちの子供たちは一般的にVIT、SRM、マニパルなどに通っています。そのため、評判の高い大学の外国のキャンパスがインドに来ると、これらの場所への群衆は必ず降りてきます。 さて問題は、これらの新しいキャンパスはゼロから始まるのか、それとも既存の教育機関のチェーン(またはビジネスの一部)を買収するのか?

これらの人たちがインドに来た場合に必ず起こることの1つは、入学制度の変更です。 彼らは最初に物理学、化学、数学とバイオに基づくテストを取り除き、SATのようなより自由なテストを行います。 それから彼らはアメリカのように大学に入学するでしょう。 これは、インドの入学制度の破壊的な変化となるでしょう。

5. KGPには何がありますか?

KGPは2013年に6つの主要な重点分野を特定し、それらの多くで大きな進歩を遂げました。 最近2017年に、これらの領域が拡張/変更され、SRICのチャレンジ許可が発表されたときに新しい領域が追加されました。 したがって、これらの領域で明るいスコープが待っています。 KGPの成功をお祈りしております。インドでの研究における主要なFDIを取得する最初の機関になることを願っています。 #Yo_KGP

— —

sहिंदKsheera Sagar KNパデュー大学MA / AZ / 18統計学部2年間博士課程。