世界の教育への10の障壁

私が今読んだこの記事、世界中の教育への10の障壁は、人々が教育を受けることを妨げる多くの理由を説明するので、非常に目を見張るものでした。 これらの点から、自分の教育と生活環境がどれほど当たり前であるかを理解できました。 私の人生における利点を実感したので、ある種の教育を受けるより幸運に恵まれない人々を助けるためにできること、すべきことはたくさんあります。 とにかく、この記事は心の中で思い浮かび、途上国の子供たちがきちんとした教育を受けられないようにしているさまざまなことについて詳しく説明しています。 これらの10の単純な点は、先進国では、私たちが簡単に手に入れられたことに気づいていないことです。 この記事は読者の共感を呼び起こし、悲しみを通じて読者の心を打つ。 リストされたポイントは、それぞれ修正が簡単に聞こえ、私は自分のやり方で行動し、助けたいと思っています。 教育にはお金と教材、設備、教師が必要です。 適切な準備がなければ、一般教育や職業教育について考えることさえ困難です。 マズローのニーズのヒエラルキーによれば、彼らが基本的なニーズを満たさずに教育を受けることは不可能です。 学習のための適切な環境は彼らの教育の成功を増加させるでしょう。 それで、10ポイント。

  1. 資金不足
  2. 教師なし/訓練を受けていない教師
  3. 教室なし
  4. 学習教材の欠如
  5. 障害のある子どもの排除
  6. 「間違った」性であること
  7. 紛争または紛争のリスクのある国での生活
  8. 自宅から学校までの距離
  9. 空腹と栄養不良
  10. 教育費

これらの多くは、私たちの側で修正するのは簡単です。 私たちは簡単に資金や訓練を受けた教師を送ったり、教室を建てたり、教材や食べ物を送ることができます。 偏見をなくすこともできます。 これらの障壁の多くは簡単に修正できます。 この問題に飛び込むと、機能する教育システムの実現に向けて大きな一歩を踏み出すことができると思います。