2018年2月10日| 探索的研究2

カーネギーメロン大学のPeter Scupelliが教えるInteraction Design Studio IIのプロセスドキュメント。 チームは、Zach Bachiri、Devika Khowala、Hajira Qazi、Shengzhi Wuで構成されています。

ブルースクラスのアフィニティ図

今週、私たちは探索的研究を大きく進歩させました。 対象分野の専門家と話をし、オンライン調査を実施することに加えて、潜在的なユーザーからより詳細な洞察を収集するために、フォーカスグループを実施することを決定しました。

アフィニティダイアグラムを作成した後、社会と文化の順応の主な問題は次のとおりであると考えました。言語の障壁、社会の相互作用、運用の障壁(ロジスティック)、およびコミュニティの発見。

これら4つのドメインを中心に、フォーカスグループのいくつかの調査方法を利用して、シナリオと潜在的な問題点を絞り込むことにしました。 しかし、困難は、これらの方法が互いに重なり合うのではなく、問題の異なる側面を求めていることを確認しながら、異なる研究方法をどのように使用するかです。

そこで、「別れの手紙」に似た「自分を通り過ぎる手紙」というコンセプトを思いつきました。 私たちはユーザーに、米国に来る前に知っておきたいことを自分自身に過去に手紙を書くように求めました。

もう1つの方法は一種のユーザージャーニーであり、ユーザーが米国での生活のすべてのマイルストーンまたは重要な瞬間を計画することを勧めます。

そして、私たちはまた、誰もが文化的な慣れについての彼らの考えを置くことができるスタジオにぶら下がっている落書きの壁を持っていました。

また、ユーザーが図面を使用して自分の感情やぎこちなさを視覚化できるように、フォーカスグループのストーリーボードも用意しました。 しかし、ストーリーボードに立ち返って、デザイン以外の背景のユーザーがスケッチや描画を快適に行えるかどうかについて議論がありました。

私たちはCMUに留学生を募集し、電子メールを送信してポスターを投稿し、ピザや軽食を無料で提供して、学生の来場を促しました。

金曜日(02/09)正午にフォーカスグループリサーチを実施し、最終的に13名の留学生が私たちの活動に参加しました、そして彼らのリサーチ内の平均滞在時間は25分以上であり、十分かつ有用な情報を収集するのに適しています。 しかし、小さな問題は、それらのほとんどが設計の学生であるため、多様なユーザーサンプルを用意することができませんでした。 しかし、ユーザーは中国、インド、韓国、台湾で構成されており、そこには最も典型的な留学生の国が含まれています。

次に、アフィニティーマッピングを行うことで洞察を得るために、調査中に得たデータを分析し始めました。もちろん、彼らが言及した問題点の多くは類似しており、同じグループに分類できます。

さらに、水曜日のプレゼンテーションの概要も説明し始めました。